面接を受ける時の髪について

身だしなみや言葉遣いが完璧でも面接に受からないことはある

身だしなみも言葉遣いも完璧、さらに高学歴とくれば就職面接はほぼ100パーセント受かるでしょう。しかし、それでも落ちてしまう人がいます。そう言う人の多くは、面接官と話しているときの態度、話を聞くときの態度が悪いことが多いです。言葉が丁寧であっても、それでは就職面接には受かりません。まずは、相手に不快感を与える話し方はどう言うものかと言うことを知っておきましょう。あくびをしたり、腕組みをして話すのはいけないと言うのは誰でも分かります。しかし、気をつけていてもやってしまいがちなのが、目を合わせないと言うことです。

1秒たりとも目を逸らしてはいけないと言うわけではありません。しかし、全く目を合わせないとなると、良い印象は与えられないです。また、会話中に身体をフラフラ動かす、キョロキョロすると言うのもNGになります。こう言った動作は見苦しいと言うだけではありません。不誠実と言う印象を与えます。また、態度だけでなく声のトーンや大きさにも気を配らなくてはいけません。どんなに素晴らしい内容の話をしても、消え入るような声で話していては伝わらないです。色々なことに気をつけなければいけないと言うことを肝に銘じておきましょう。