面接を受ける時の髪について

就職活動で重要な面接

就職活動において、一番重要なのは面接です。エントリーシートなどによる書類選考でふるい落とされる場合もありますが、それは本当の意味での門前払いです。書類選考においては、職歴や年齢、大学で身に付けたと思われる専門知識やスキルなどを確認しますので、そこからがスタートラインと言っても過言ではありません。採用面接においては、専門知識や技術に加えて、仕事をやっていく上で必要なコミュニケーション力などの社会人基礎力があるかを見られます。人間力がなければ、どんなに優秀な人間であってもチームワークで仕事をやれなければ採用する意味がありません。

また、転職した人の場合、退職した理由で、前の職場の悪口などを言うことは現金です。職場の雰囲気が悪かった、人間関係が悪かったなど、絶対に言ってはなりません。もっと仕事の幅を広げたい、別の分野で能力を活かしたいなどレベルアップするための転職であることをアピールすべきです。志望動機についても、待遇の話ではなく、仕事の内容について惹かれて、どういった仕事をして、会社に貢献していきたいといった内容をアピールすることです。マニュアルに頼らず、自分のやってきたこと、自分の考えを自分の言葉で語らなければ、面接を突破することはできません。